洗顔を見直す

思春期ニキビというのは洗顔方法を見直してみるだけでも改善されるケースがあります。多くの場合ニキビに悩んでいても、思春期の若い方々はゴシゴシと洗えば良いと思ってしまうのではないでしょうか?しかしお肌にトラブルが起きている状態の中で、お肌に刺激を与えるような洗顔方法は逆効果になります。例えば洗顔料を手のひらでしっかりと泡立てる、またはネットを使って泡立てると言った方法ではなく、お顔に直接つけている人はいませんか?

徹底的に泡立ててからお肌に乗せるというのが洗顔の基本になります。しかしお肌に乗せてから泡立てるような洗顔方法では悪影響を与えますので、結果的には皮脂バランスが崩れることや、毛穴が開いてしまうことになるのです。また皮脂がたくさん分泌されるからといって、あぶらとり紙などを使い次から次に皮脂を取り除いてしまうのも皮脂バランスが崩れる原因です。そのため、よく泡立てた洗顔料でしっかりと泡洗顔を行い、その後は保湿に集中しましょう。

たくさんの皮脂が分泌されている時にはティッシュなどで軽く押さえる程度にしてください。これを続けることによって皮脂バランスが整い、毛穴が引き締まるため思春期ニキビに悩むことも少なくなります。