No image

ニキビは思春期の証

ニキビができてしまうのは肌トラブルの中でも非常に大きな悩みとなります。跡が残ってしまうことや一つあるだけで、見た目が非常に悪くなること、またメイクをするにも痛くて困ってしまうことなどが挙げられます。しかしニキビというのは思春期の証ですので、若さゆえにお肌に現れてきています。綺麗なお肌に戻すためには洗顔方法を見直すことや、睡眠をしっかりと取り、ライフスタイルサイクルを正常に戻すことが重要です。

特に思春期は夜遅い時間までテレビを見てしまう事や友人と長電話をしてしまうこともあります。しかし、このような生活習慣は思春期ニキビが次々に出来てしまう原因です。思春期は特に皮脂の分泌も活発ですので、毛穴が詰まりやすい状態となっていることを覚えておきましょう。これを意識した上で洗顔方法の見直しや洗顔料の選び方を知ることで、改善への近道となります。思春期の頃にできたニキビをそのまま放置したり、間違った方法で傷になってしまうといつまでも跡が残るため、大人になってからも悩まなければなりません。

また、このタイミングでしっかりと洗顔方法やスキンケア方法を身につけておけば、大人になってから吹き出物に悩まされたり様々な肌トラブルに悩まされる可能性も少なくなります。大人になる前の段階でお肌の基礎部分をしっかりと安定させてあげることが大切になります。表面からお薬を塗って、その時だけ治れば良いといった感覚ではなく、お肌そのものをしっかりと安定させトラブルが起きにくい状態をキープしましょう。

1 2 3