睡眠をしっかりとる

思春期の頃には様々な悩みが生じることや、その他にも夜ふかしをすることも多くなってきます。悩みが生じると夜眠りにつく事が難しくなり、真夜中や明け方まで眠れないこともあるでしょう。テレビやインターネットに対する興味も大きくなるので、寝る前にスマホを触りながら寝不足になってしまうこともあります。しかし寝不足が続いてしまうとお肌の代謝そのものがとても悪くなるので思春期ニキビができやすくなるのです。そのため、ニキビが繰り返しできてしまい悩んでいる方は、ゆっくりと眠ることを心がけましょう。眠っている間に成長ホルモンが分泌され、お肌の代謝そのものがどんどん良くなります。そうすることによって皮脂バランスが整い、さらには毛穴に汚れが詰まってしまう事を防いでくれます。お肌の代謝をよくして毛穴の詰まりを取り、きれいに保つことが思春期ニキビの予防には最も重要なのです。

洗顔は入浴の際や朝起きた際など最小限にとどめましょう。その上でお肌をしっかりと保湿してあげることが大切になります。この時、スキンケアを怠けることは絶対にしてはいけません。保湿効果の高いケア用品を使うことも大事ですが、自分の肌質に合うことと、自分が本来もっているバリア機能をサポートしてくれるような保湿用品を見つけることが大事です。これは、時間がかかるかもしれませんが諦めずに探して見つけ出しましょう。

PICK UP|【公式】ニキビ肌を防ぐスキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)~クリアタイプ~』

また、1日の中で何度も繰り返し洗顔をしてしまうと、お肌に必要な皮脂まで取り除かれてしまい逆に皮脂の分泌量が増えてしまいます。そうなると毛穴詰まりを引き起こしますので注意しましょう。何よりもぐっすりと眠ることが、お肌のためには一番良いということを意識しましょう。